BIGBANGをあらわすもの

BIGBANGはアルバム発表の度にロゴが変わりますけれど、やっぱり私は一番最初のロゴがいいなあ、と思います。
たとえば今のMADEのロゴはこれ↓ですけれど、




私はもともとのこちら↓の方が好み。
このロゴは生涯変わらないものですよね?
――― ていうか、変えて欲しくないなあ・・・。




このへんはもう、好き好きだとは思うんですけれどね。
<ALIVE>の時のBが二つ並んだロゴも実はあんまり好きじゃなかった。

でも、↓のロゴに関しては、初期のものより、今のMADEのものの方が好きです。
だんだんと大きくなる円が5本並んだマークよりも、同じ長さ、太さの線が5本並んだこのマークの方が、今のBIGBANGを的確に象徴しているような気がしますから。
デビューした頃は5人に実力差がどうしてもあって、それをみんなで補い合って円を描いている――― ようにも見えた大小の円の連なりよりも、もう、一人ひとりがかけがえのない自立した存在になって、でも、仲良く並んでいる――― ように見える今のロゴの方がBIGBANGにはふさわしい気がするんです。





ところで、韓国人ってロゴを考えるのが好きな国民性なんじゃないかと思うんです。
私の勝手な思い込みと言えばそうなんですけれど。
でも、BIGBANG単体だけでいっぱいロゴ作ってますもんね。
日本とは比べたくはないですけれど、東京オリンピックのエンブレム騒動みたいなこと、平昌オリンピックではなかったですし。



そういえば、東京オリンピックのエンブレムの応募要項が発表になりました。
日本国籍がなくても、住民票が日本にあれば外国籍の方でも応募できるそうですね。
まあ、そういう募集要項なんだから別に文句はないですけれど、なんとなーくロゴデザイン好きの韓国人がいっぱい応募してくるような予感がします。


それでもいいですけれど、なんとなーく、それはやっぱり嫌だなあ・・・、なんて。